NEWS

メール

  • メール

    お問い合わせの送受信を行う基本的な機能です。

  • タグ

    タグ

    お問い合わせを分類する「タグ」を付けることができます。1案件に複数付けることもでき、きめ細やかな分類および分析調査が可能です。

  • タグ自動付与

    タグ自動付与

    件名・本文・メールアドレスに応じて、指定したタグを自動で付与することができます。決まった文言が含まれている案件に対してタグ付けの手間を省くことができます。

  • 一括送信

    一括送信

    複数のお問い合わせへ一括で送信することができます。

  • 二重対応防止

    二重対応防止

    対応中のお問い合わせには対応者名が表示され、誰が対応しているのか一目でわかります。別の対応者が対応しようとすると、確認のアラートが表示されます。

  • テンプレート

    テンプレート

    制限なく自由にテンプレートの登録・追加ができます。テンプレートを分類ごとにフォルダ分けすることも可能です。

  • 回答期限表示

    回答期限表示

    お問い合わせへの回答期限を設定することができます。回答期限に近づくと案件の表示が変わり、対応の遅れを回避できます。

  • 対応メモ

    対応メモ

    お問い合わせ毎にメモを残すことができます。お客様へ表示されることはなく、案件の引き継ぎがスムーズに行えます。

  • タイマー送信

    タイマー送信

    カレンダーで日時を選択するだけで、指定日時に予約送信することができます。

  • タイムライン

    タイムライン

    お客様のお問い合わせはもちろん、対応に関わるやり取りを時系列に表示することができます。お問い合わせの流れを把握でき、以前対応した時の温度感なども簡単に確認することができます。

  • 検索

    検索

    日時、ステータス、複数タグやキーワード、ユーザID、対応メモなど様々な条件で検索できます。よく使用する条件は名前を付けて保存したり、デフォルト検索表示が可能です。

エスカレーション

  • エスカレーション

    エスカレーション

    二次対応者へ案内方針を確認したり、調査を依頼するために使用する機能です。対応画面から簡単にエスカレーションを行うことができます。

  • ステータス

    ステータス

    エスカレーションチケットのステータスを細かく分類分けすることができます。ヒアリング回答待ち、調査依頼、フィードバック等、自由にカスタマイズできます。

  • リマインド

    リマインド

    対応者自身に関連するエスカレーションをステータス毎に通知先(メール、Chatwork、Slack)へリマインドできます。

  • 情報集計

    情報集計

    期間、ステータス、担当グループなど、条件を細かく設定してエスカレーション情報を集計することができます。

アンケート

  • アンケート

    アンケート

    質問事項やアンケート協力依頼文、回答期限など、細かく設定できます。指定のタグが付いている案件には自動的にアンケート送信を除外することができます。

  • アンケート集計

    アンケート集計

    アンケート結果を自動で集計します。集計結果から実際のお客様とのやり取りまでを簡単に深堀することができるため、具体的な改善がスムーズに行えます。

  • アンケート結果通知

    アンケート結果通知

    自身が送信した案件について、お客様のアンケート回答時に通知が届くようになっています。お客様からの評価を担当者がすぐに確認できる仕組みを提供しています。

レポート

  • レポート

    レポート

    お問い合わせの着信数はもちろん、対応件数、対応者のパフォーマンスもグラフや数値で確認することができます。

  • BIツール連携

    BIツール連携

    カスタマーサポートの領域だけでなく、サポート対象のKPIも含めたレポートを作成できます。ご用件に合わせてレポートや分析データのカスタマイズも可能です。

その他

  • アカウント権限管理

    アカウント権限管理

    CX+アカウントのアクセス権限を、機能単位できめ細かく設定が可能です。

  • アラート

    アラート

    指定のワードが含まれたお問い合わせが着信した場合、通知先(メール、Chatwork、Slack)へ通知することができます。温度感の高いお問い合わせなど、緊急性を要するお問い合わせをいち早く検知することができます。

  • 外部データインポート

    外部データインポート

    CSV形式で大容量データをCX+へインポートが可能です。
    各種メールツールからの移行実績もございますので、お気軽にご相談ください。